ちゃーちゃんも馬が好き

一口馬主活動を報告するためのブログです。

緊急出資しました。

 ユニオンのナスケンアイリス18、父ディープインパクト

 ディープ産駒に出資できるチャンスも最後と知ってはいましたが、アルーリングハート18があまりに良く見えたので、一次募集時には資金を迷うこと無くそちらに回してしまいました。

 しかし、ディープ訃報を受け、哀悼の意味も込め、資金的にやや無理して出資することに決めました。

 

 ナスケンアイリスの母系は非常に優秀で、叔父(母の弟)にセイウンコウセイ、その1世代前にはタイキフォーチュンのG1馬がいます。

 母の子出しと言えば、モジアナフレイバーやユニオンの先輩ゴルトマイスターがいるなど、ダートでの活躍水準が半端無く高い。

 これで今どきディープ牝馬にして4800は、大変良心的な価格と言えるでしょう。

 もちろん、ユニオンに提供された牝馬は無事なら一割での買い取りで確実に牧場に帰ってきますから、牧場にも利点はある訳ですが。

 

 母の子たちがダートで異常とも言えるほど活躍してますので、この馬もパッと見デピュティの出た大柄ガッチリタイプで、ダートっぽく見えます。

 これで芝走るのかわかりませんが、仮にダートだとしても、ディープ牝馬でダートだったとしても、このお母さんの子ならかなり走るでしょう。

 

 調教師は、ユニオンでもNFの馬と全く扱いが同じに感じる笑、手塚先生。

 ゴルトマイスターを見てると楽しみになってしまいますね。

 

 僕にとっても最後のディープ産駒(てかアルジャンテに続くほんの2頭目)なので、芝でもダートでも活躍して、桜井牧場さんに大手を振って帰って欲しいです。

今年の1次出資馬が確定!

サンデー

・♀パシフィックギャル18×ドゥラメンテ

 

ユニオン

・♂アルーリングハート18×ロードカナロア

・♀ホワットアスポット18×アメリカンファラオ

 

 パシフィックギャル18は、サンデーのドゥラメンテ牝馬、たぶんサンデードゥラ牝1番馬。

 5月生まれですが馬格があり、昨年のアッタヴァンティみたいに馬体重を心配する必要は無いでしょう。

 毛艶は黒光りして良好、歩様は伸びやかで柔らかい。

 母は2歳からクラシック戦線を賑わした馬で、クラシックディスタンス向けのどちらかと言えばパワータイプ。

 父ドゥラメンテとの配合で柔らかさが加わり、絶妙なバランスの中距離タイプに育ってくれれば。

 桜花賞よりもオークス出走を期待しています。

 

 ユニオンのアルーリングハート18は当歳募集馬。

 昨年の募集開始時は全く目を引きませんでしたが、1歳になり、春の動画を見てビックリ下血。

 柔らかそうな筋肉、広い関節可動域、きれいに8の字を描く首の動き、聡明そうな顔立ち、とんでもない成長を遂げていました。

 父ロードカナロアですし、これは素晴らしい馬になるでしょう。

 父ディープのナスケンアイリス18をゲットしようと予算を立てていましたが、速攻こちらに回してしまいました。

 当歳から募集しているので1次募集開始前から出資可能、パシフィックギャル18の出資が決まった直後に迷うこと無く速攻ポチリましたが、なんとツアーのあった先週末の間に一気に少なくとも100口以上が売れたようです。

 ユニオンの500口馬ではなかなか無い売れ方ですね。

 エポカドーロに続く栄光を手にすることを期待しています。

 

 ホワットアスポット18は、あのアメリカンファラオ産駒。

 服部牧場さんの持ち込み牝馬ですが、父の種付け料からするとリーズナブルな価格。

 母の兄弟、つまり本馬の叔父にG1馬が2頭いる良血です。

 兄のchirpingは、本馬が提供されると判明した時点では1勝でしたが、募集開始までにさらに2勝したようです笑

 ややトモの動きに左右差がありますが、動き自体は伸びやかで柔らかく、馬格も上々。

 アメリカンファラオの適性についてはまだ不明ですが、本馬にはダートで栄光を掴んで欲しいと期待しています。

 

 今年はあとユニオンで様子見し、愛馬の稼ぎ次第で追加しようかと思います。

 マリアージュ18なんか様子見したかったんですが、1次で満口になったようで_(+Д+_`)

 小柄ながら筋肉が付いてキビキビしているフリーバード18マクフィ産駒でリーズナブルな芦毛牡馬のオービーレディ18ロードカナロア産駒ながらこれまたリーズナブルな価格で血統も良いライトリーチューン18、日本でも走る父violenceで母系もなかなかの外国産馬down the well 18など。

 今年はとにかく目を引く馬が多くて、様子見しがいがあります。

お久しブリングミーホライズン!

 半年ぶりくらいにブログを更新!

 2歳馬の馬名が出揃い、体勢が整いました。

 今年もメタルからインスピった馬名を多数応募しましたが、全て却下!

 今年も命名ならず!

 

 シュプリームギフト18♀

 父ロードカナロア

→アッタヴァンティ

 

 ダイワパッション18♀

 父キズナ

→カインドリー

 

 サンビスタ18♀

 父ルーラーシップ

→サンジョア

 

 オメガブルーライン18♂

 父ローエングリン

→オンリーザブレイブ

 

 マジックミラージュ18♂

 父ディープブリランテ

→グレアミラージュ

 

 3歳馬は6頭いますが、未だ勝ち上がり無し。

 

 ヘヴンズコーヴ

 ジェミーウェイ

 グランヴィクトリア

 ベルクワイ

 ハリスホーク

 マイタイムオブデイ

 

 この中で何とかなりそうなのが、ヘヴンズコーヴとハリスホーク、ベルクワイアくらい。

 キャロットとシルクは退会予定なので勝ち上がらなくても構いませんが、自身の未来のため、馬たちには頑張って頂きたい。

 

 全ての馬運をエポカドーロに吸い取られた男、今後良い目に遭う事はあるのか?

 3/31のG1大阪杯が楽しみだ!

 

 ちなみに3/30は、中2と小5の姪っ子を富士急ハイランドに連れてってやる予定。

 ええじゃないかをビビって嫌がり、戦慄迷宮を最も楽しみにしていると言う。

 普通逆だと思うのは私だけか!?

 

 僕は、ジェットコースターはどんなものでも平気なローラーコースターフリークだ。

 一番好きだったジェットコースターは、ナガシマスパーランドの今は無き木造コースター、ホワイトサイクロンだ。

 最後尾は車体が浮いているような感覚がありスリリング、かつ道程が長く、最高だった。

 ええじゃないかは最初の落下以外はあまり面白くないし、ドドンパも発車時だけだし、高飛車も最初の暗いパートから加速するまでだ。

 ただし、富士急のコースターはその最初の部分が比類無く絶品だから、乗る価値がある。

 隠れた良コースターは、東武動物公園カワセミだ。

 年齢制限がかかるまでに、一度アメリカのシダーポイントに行きたいと思っている。

 海外は、ラスベガス・ニューヨークニューヨークのコースターしか乗ったことないが、あれはなかなか良かった。

 

 逆に、高い所にゆっくり留まり風でガタガタされる観覧車、後ろからいきなり驚かされるお化け屋敷は苦手だ。

 驚くに決まっとるっちゅーの。

 

 しかし、未経験である事に自分自身が不愉快なので、姪っ子達と一緒に戦慄迷宮に突撃しようと思っている。

 姪っ子達を前後で盾にして、ゆっくり楽しむつもりだ。

 姪っ子達も、何としてもええじゃないかに乗せようと思案している。

お久しブロッケン!

 利用させて頂いてるはてなブログさんからは、しばらく更新が滞っていたりすると、以前のブログを振り返ってみませんか?など自動メールが来るんですが、これが結構「サボってゴメンね!」という気持ちになるんですよ。

 職場を変えたり色々忙しかったんですが、久しぶりに書きます。

 

 来週エポカドーロ菊花賞に出走ですね。

 叩きの神戸新聞杯ですが、脚に外傷を負うほどの躓きで参考外としたいところ。

 それでワグネリアンに勝てるほどの能力は無かった反面、ゴーフォザサミットなど末脚のある馬に上がりで勝つ能力も示しましたので。

 その外傷も問題無いレベルだそうで、来週の本番に向け順調です。

 

 あと、先週ウォリアーズクロスが4勝目をあげ、準OPに昇格。

 左トモが弱くてスッキリせずに休みながら使って、気付いたら5歳にして12戦4勝、なかなか強いですね。

 まだ12戦しかしてないし、国枝厩舎なので、このまま行けば高齢まで現役を続けそうです。

 ダートのマル外ながら早熟でないのは嬉しいですね。

 

 あとは未だ未勝利の2歳馬たちに頑張ってもらわないと。

 特にサンデーのヘヴンズコーヴには頑張って馬体増やして勝ち上がってもらわないと。

今週はジェミーウェイがデビュー!

 8/19の札幌新馬戦です。

 

 まず、予定されていた田辺騎手が水曜日の地方重賞で負傷し、代わりに門別のトップジョッキー桑村騎手騎乗となりました。

 直前の急な事態にしては、良いジョッキーを手配してくれたと思います。

 勝つために最善を尽くしてくれるでしょう。

 

 問題は、ジェミーウェイの脚質ですね。

 大飛びでスタートが遅いらしいですが、一本調子なところがあるようで、なれば逃げか番手しか無い。

 スタートの悪さで後手を踏まないように、また簡単に挽回できるよう、祈ります。

 

 それ以外は良さそうですね。

 調教師の評価も良いですし。

 毎週寮馬との併せ馬を消化し、レースに対する前向きさがあるようです。

 

 ジャスタ旋風に乗れるか?

 走ってみなければわからない、楽しみがあります。

 脚質的に「差したウェイ!」は言えなさそうだけど笑

おひさしブローグ!

 仕事やプライベートで色々忙しく、また1かゲッツ程放置してしまいました。

 

 馬関連では、さほど好ましい動きはありませんでした。

 セドゥラマジー引退、ロングランメーカーが3歳未勝利にして脚部不安など。

 シルクとは相性が悪く、リストを見ても全く欲しいと思わなくなったので、もう出資は控えたいと思います。

 クラブ自体はスタッフも親切で明るく、全く恨みも何も無いんですが。

 愛馬がサッパリではね。

 

 キャロットも勝ち上がりはするんですが、その後に続きませんので、もう控えるつもり。

 前評判の割に後に続かないのがほとんど。

 

 反面、社台はこないだシースプラッシュが2勝目をあげ、近況にてかなり奥が深そうとの評価を受け、ユニオンは募集馬に良い馬が増えつつあり、この2クラブがどんどん面白くなっているから、比較的前2クラブに停滞感を感じているのかも知れません。

 

 ユニオンでは、オメガブルーラインの2018に追加で出資しました。

 今年ユニオン3頭目ですが、他の募集馬も経過を見て、まだ追加出資する意欲があります。

 目を付けているのは、足運びの良いグリーリーレイ18ベルシャザール産駒のSS3×3が面白いクロンドローリエ18、血統なら今年の募集馬屈指のキャタロニアン18など。

 ユニオンの馬が当たって走ると、喜びは格別で、実際にしぶとく勝ち星を重ねてくれるパターンが多いんですよ。

今週の愛馬出走は無し

 、、、です。

 

 最近、走ってダメでの、特に頑張れ!以外の感想が無い出走が多くて、出走関連に関してはサボりがち。

 プラチナコードの障害挑戦残念、ルドルフィーナのゲート練習拒否、出資馬サンビスタ17預託予定の角居師が飲酒運転で逮捕など、出来事はありますが、もっと嬉しい出来事を報告したいですよね。

 

 どのみち今週はたまの出走無しウィーク。

 未デビュー組としては、ジャスタウェイ産駒のジェミーウェイが8/11の札幌芝1500デビューを予定しております。

 ジャスタウェイ産駒が良さそうなので、楽しみなデビュー戦です。

 他のユニオン馬としては、ザ・ミリオン馬、グランヴィクトリアがAwajiステーブルでじっくり育成され、そろそろ入厩もありそうな雰囲気。

 

 シルクのハリスホークも入厩してゲート練習中。

 マイタイムオブデイも15-15を順調に乗り込み、そろそろ入厩の声がかかりそうな雰囲気。

 

 10月くらいには全馬デビュー済みになってくれるんではないかと思ってます。